IT

Word資料作成効率化!文書を1ページにまとめる方法

  • LINEで送る
Wordで数行はみ出した場合、1ページにおさめる方法
MicrosoftOfficeのWordは多くの人が利用しています。
 
例えば、学生がレポートを作成するときに使います。仕事でも飲食店のメニューやチラシを作成したり、セミナーや打ち合わせの資料を作成したり、活用する場面が多くあります。
 
「多くの情報を掲載したいけど、1ページでまとめなければならない」という経験は誰しもがあると思います。
 
「Wordで文書を作っていて1ページに収めたいけど、数行はみ出してしまった・・・」場合に、1ページにおさめる方法がありますのでご紹介します。

ビラやプリント、レポート、報告書の作成に活用してください。

方法は2つありますが、1つめの方法のほうが手軽にできます。。

  1. 「1ページ分圧縮」の機能を使う
  2. ページレイアウトで調整する

余白や行間、文字の大きさなども見やすい資料を作る上では重要な要素ですので、これらを組み合わせて活用してください。

※限界がありますので、上記のやり方でおさまらない場合は文字数・行数を減らしてください。

今回の例は以下のものを使います。

今回はこの例を使ってワードで1Pに印刷できるように調整します。

2ページ目に数行はみ出てしまっています。

1ページ分圧縮

1.「クイックアクセスツールバー」に「1ページ分圧縮」アイコンを追加する。

デフォルトの設定ではメニューが表示されていないため、表示するようにします。

クイックアクセルツールバーの「▼」を押し、「その他のコマンド」を選択します。

1ページ分圧縮1 クイックツールバーの設定1

「クイックアクセスツールバー」⇒コマンドの選択「▼」⇒リスト表示された中から『「印刷プレビュー」タブ』を選んでください。

1ページ分圧縮2 クイックツールバーの設定2

「1ページ分圧縮」⇒「追加」⇒「OK」の順にクリックしてください。

1ページ分圧縮3 クイックツールバーの設定3

「1ページ分圧縮」のアイコンが表示されました。

1ページ分圧縮4 クイックツールバーの設定4

2.「クイックアクセスツールバー」の「1ページ分圧縮」アイコンをクリックする。

あとはクリックするだけです。エラーになった場合は、文字数・行数を減らしてください。

1ページ分圧縮5 結果画面

1ページに自動調整してくれました。

ページレイアウトによる調整

1.「ファイル」タブを選択し、メニューから「印刷」を選びます。そのなかで余白に関する項目がありますので、右側の「▼」を選び、一番下の「ユーザー設定の余白(A)」を選択してください。

印刷調整1 ユーザー設定の余白を選択する

2.「文字数と行数」、「余白」を調整する

ここからは「文字数と行数」と「余白」の2項目を使って調整していきます。

印刷調整2 「文字数と行数」を調整する印刷調整3 「余白」を調整する

文字数と行数

ページ設定ダイアログの「文字数と行数」タブを選択し、「文字数と行数を指定する」を選びます。

「文字数」、「行数」の数を増減して調整します。

余白

ページ設定ダイアログの「余白」タブを選択し、ページ余白を増減して調整します。

※ページをホチキスなどで止めたり、穴あけをしたいときはその分の余白を考慮しましょう。

この記事が役に立ったら「いいね!」お願いします。

いいね! 0
Loading...

テーマ・質問・アイデア募集中

読者参加型トモブログ

皆さまからの知りたいことや困っていることなどを情報発信する読者参加型のブログ「トモブログ」では、テーマ・質問・アイデア募集中です。

【募集要項】

■対象者

個人事業者・中小企業・一般消費者

■募集カテゴリー

歯科、IT、統計、コンサルティング、マーケティング

採用特典

オリジナルアイコンを制作後、プレゼント(希望を伺います。ロゴではありません。)
※採用者のみメール宛にご連絡致します。

 

詳しくはこちら