業務内容

集客・求人のWEBコンサルティング

計画・実行・分析・改善のPDCAサイクルを回し、継続的に課題解決に取り組みます。

PDCAサイクル(P-計画:ヒアリング、目標・計画策定、D-実行:HP・動画・SNSなどの導入・実行、C-分析:データ解析、仮説・検証、A-改善:分析に基づいた改善)

トモデザインの強みの活用

システムエンジニア

ITスキル・知識、論理的思考、プロジェクト管理

歯科技工士・事務長

歯科知識、業界事情、経営

自己啓発・セミナー

マーケティング、ITツール

P 計画

集客・求人の改善案計画フェーズ

PDCAサイクル P計画フェーズ経営者、従業員に十分なヒアリングを実施し、現状の問題点・課題点を把握したうえで、財務上の特性や企業・団体の理念・特徴を踏まえ、各企業・団体に最適な施策を検討します。現在の売上・利益に対してWEBサービスの活用・改善を通じた数値目標を設定し、実行計画を決定します。また集客はWEBのみに依存するものではありませんので、従業員の育成やアナログ媒体などのシナジー効果を活用して集客を実現する計画を策定します。

1.ヒアリング

メモのアイコンイメージ

2.目標設定、現状把握・分析

フローのアイコンイメージ

3.計画策定

カレンダーのアイコンイメージ

代表的な手法

■WBS

タスク洗い出し

■ガントチャート

スケジュール設定

■特性要因図

原因分析

■ロジックツリー

解決策分析

■AIDMA・AISASモデル

購買行動プロセス

■SWOT分析

強み・弱み・機会・脅威の分析

D 実行

WEBツール制作・導入・運用フェーズ

PDCAサイクル D実行フェーズ計画に基づきホームぺージの制作や更新、SNSの活用などを実行します。各ツールを作成・導入するだけでなく、複数のツールを組み合わせて運用していくことを実践します。

1.ツール作成・導入

SNSのアイコンイメージ

2.運用

ブラウザのアイコンイメージ

C 分析

効果測定・計画との差異分析フェーズ

PDCAサイクル C分析フェーズ目標との差異、計画通り実行できたか、できなかった場合は原因は何かを追求します。ホームページや動画、SNSはデータを解析しユーザーの動向・傾向をまとめ、次回のアクションにつなげます。また、実際に患者からどのような声があったか、計画を実行したときの気づき・要望・改善点などを院長先生・スタッフにヒアリングします。

1.利用状況・利用者の傾向の把握
A.データ解析

グラフのアイコンイメージ

B.ヒアリング

メモのアイコンイメージ

2.目標との差異分析・原因追及
A.差異分析

グラフのイメージ

B.原因追及

クエスチョンのアイコンイメージ

代表的な手法

■ホームぺージアクセス解析(Google Analytics)

アクセス数、アクセス時間、閲覧したぺージ数、人気のあるぺージ、アクセスした人の地域、よく検索されているキーワード、電話発信の回数、など

A 改善

軌道修正案・計画の改善案の検討フェーズ

PDCAサイクル A改善フェーズ仮説にもとづき、改善案を作成し、実現可能性・目標の見直し・新たなる課題等を考慮し、計画を再作成します。解析データを活用しているため、信憑性が高く効果を上げやすいという特徴があります。しかし、データが全てではありません。データの根拠だけに依存するのではなく、医院の特徴・方針などを踏まえ総合的に検討します。各種ツールの導入のみで完了とすると、「ホームぺージを作ったのに効果がない」などの事態に陥ってしまうため、PDCAサイクルを回すことで成果を上げられるように継続的に取り組んでいきます。

改善案作成

メモのアイコンイメージ