歯科

平成29年の歯科技工士と歯科衛生士の労働賃金統計調査

  • LINEで送る
歯科衛生士より歯科技工士のほうが年収が高い

2018年2月28日に政府統計による平成29年賃金構造基本統計調査が公表されました。

現在の歯科技工士・歯科衛生士の給与・年収等の労働条件についてまとめました。

※注意

労働者数(調査対象者数)が少ない場合には標本誤差が大きくなることもありますので、あくまで参考としてください。

企業規模別調査のまとめ

企業規模 10~99人 100~999人 1,000人以上 計(10人以上)
区分 歯科技工士 歯科衛生士 歯科技工士 歯科衛生士 歯科技工士 歯科衛生士 歯科技工士 歯科衛生士
労働者数 231人 2,016人 122人 369人 193人 284人 546人 2,669人
平均年齢 47.9歳 34.9歳 37.9歳 34.0歳 32.2歳 37.3歳 40.1歳 35.1歳
平均勤続年数 13.3年 5.7年 11.0年 5.9年 6.9年 8.5年 10.5年 6.0年
実労働時間 171時間 166時間 160時間 169時間 186時間 160時間 174時間 166時間
超過労働時間 12時間 7時間 26時間 6時間 35時間 7時間 23時間 7時間
月収 32万6,800円 23万7,400円 25万9,000円 23万5,000円 26万4,600円 27万1,300円 28万9,700円 23万8,400円
賞与(ボーナス)等 48万4,500円 35万800円 51万1,100円 50万5600円 76万8,000円 73万1,800円 59万500円 41万2,700円
年収 440万6,100円 319万9,600円 361万9,100円 327万1,600円 394万3,200円 398万7,400円 406万6,900円 327万3,500円

歯科技工士と歯科衛生士の比較

歯科技工士と歯科衛生士を比較すると、歯科技工士のほうが年収が高くなっています。この差の最も大きな要因は企業規模が10~99人の歯科技工士の収入が多いことによるものです。

歯科技工士の年収について

企業規模が大きくなればなるほど収入が増えるという傾向がありますが、10~99人の規模の歯科技工士は例外と言えます。超過労働時間(残業時間)を見ても大きな違いはないため、おそらく歩合制などによる賃金体系、また設備等に対する収益力の効率がよいと想定されます。

勤続年数について

歯科衛生士の勤続年数が離職率が高いと言われている歯科技工士より短い理由は、女性の結婚・出産・復職というライフサイクルによるものだと考えられます。産休・育休の制度がまだ整っていない企業が多い、もしくはそれらの制度の活用状況が悪いのかもしれません。

※調査データでは、1~9人の企業規模が入っていません。つまり、町の歯医者さんや個人経営の小規模な歯科技工所などに勤めている歯科技工士・歯科衛生士の年収が反映されていません。1~9人の小規模な歯科技工所は自費補綴物を製作しているところも少ないため、計(10人以上)の年収よりも少ないと思われます。しかしながら、なかにはCAD/CAMシステムを導入し自費補綴物の製作を手掛けている技工所や自費補綴物のみを扱っている技工所もありますので、一概には言えません。

勤続年数別調査のまとめ

※企業規模10人以上の統計

勤続年数 0年 1~4年 5~9年
区分 歯科技工士 歯科衛生士 歯科技工士 歯科衛生士 歯科技工士 歯科衛生士
労働者数 4人 313人 94人 701人 32人 555人
月収 15万3,800円 20万2,800円 19万1,800円 22万5,200円 27万2,300円 24万100円
賞与(ボーナス)等 0円 3万5,500円 52万3,100円 37万9,200円 69万6,500円 43万3,700円
年収 184万5,600円 246万9,100円 282万4,700円 308万1,600円 396万4,100円 331万4,900円

 

勤続年数 10~14年 15年以上 合計
区分 歯科技工士 歯科衛生士 歯科技工士 歯科衛生士 歯科技工士 歯科衛生士
労働者数 43人 340人 194人 747人 367人 2,655人
月収  26万4,700円 23万9,000円 33万4,900円 26万2,000円 28万2,500円 23万7,800円
賞与(ボーナス)等 89万7,400円 48万7,000円 67万8,500円 54万2,400円 65万7,900円 40万9,800円
年収 407万3,800円 335万5,000円 469万7,300円 368万6,400円 404万7,900円 326万3,400円

歯科技工士と歯科衛生士の比較

勤続年数に対して年収を比較すると、歯科技工士は15年以上勤続すれば2倍以上の年収となることが分かりました。一方、歯科衛生士は15年以上勤続すると約1.3倍の年収となっています。昇給を考えると、歯科技工士のほうが大幅に有利であると言えます。

Googleの2017年検索状況の比較

グラフより、歯科衛生士のほうが歯科技工士よりも圧倒的に検索されていることが分かります。

歯科医療の将来について考えると、早急に歯科技工士の職の認知度を向上させるとともに仕事の魅力を伝え、労働環境の改善を通じて歯科技工士を目指す人を増やしていく必要があります。

まとめ

歯科衛生士より歯科技工士のほうが年収が高いということが分かりました。また、15年以上勤続すれば当初の年収の2倍以上となります。しかしながら、歯科技工士は調査対象者数が少なく、データにばらつきがあることも認識しておく必要があります。また、地域格差もありますので勤務地も考慮して調べるとよいかもしれません。

インターネット上では歯科技工士は儲からないという声もありますが、ご紹介したように平均年収は約400万円です。日本人の平均年収は420万円と言われていますので、数値だけを比較すると大差はありません。

なお、調査データは歯科技工士・男性のものです。日本人の男性平均年収は約510万円ですので、男女別となると大きな違いが発生しますが、年収1億円などの歯科技工士の層がほとんどいないことから、歯科技工士の平均年収としては信憑性は高いと思われます。厳密には中央値で調べた方がよいので、年収は参考としてください。

平成24年の日本人の平均年収と中央年収についてはこちら

歯科技工士も歯科衛生士もとてもやりがいのある専門職です。これから目標とする方、そして現在不安・不満を感じている方の参考になれば幸いです。

※参考 平成29年賃金構造基本調査

この記事が役に立ったら「いいね!」お願いします。

いいね! 0
Loading...

元事務長の歯科医院経営支援メソッド

歯科医院経営に関わる様々な情報・ツールを姉妹サイトにて公開しています。

経営にお悩みの院長先生、在学中に経営について学びたい歯学部生は是非ご覧ください。

 

詳しくはこちら