統計データ

平均年収

統計データの紹介

日本人の平均世帯所得

548万2000円

 

しかしながら、年収というものは上下幅が非常に大きいものです。

年収100万の人もいれば、年収1億の人もいます。

年収1億の人が平均値をぐっとあげているのです。

格差社会が叫ばれている昨今、平均年収はあてになりません。

 

では、何を参考指標とすべきなのかと言いますと、「中央値」です。

中央値は、「データを並べて真ん中に来た数値」です。

 

日本人の給与中央値

432万円

 

いかがでしょうか。平均年収と年収中央値では100万円以上も差があります。

 

みなさん、職業と年収気になりますよね。

 

例えば、「弁護士 年収」などで検索しませんか??

 

可能であれば、平均値よりも中央値を探して参考にするとよいと思います。

 

中央値にも、世代・地域など比較とする範囲がありますが、少なくとも平均値よりは実態に沿った数値を見ることができます。

 

※参考 平成24年国民生活基礎調査、平成24年賃金構造基本調査